超クルマはかくしてでき上がる

上巻にあたる「クルマはかくしてできあがる」と共に図書館で借りて丸々読んだ。
こういう上下巻二冊は、車に関する視野を同時に広げて得るという。
細部の細部にまで、設計やクリエイターの方々の努力や苦労、そしてプライドを知れ、それらに伴う日本企業の技術の発展を知ることができる。
前書きに書いてあったが、こういう下巻は難しかった…。自分はいわゆる事務系クルマ好きサラリーマンなもので、エンジン回りにさしかかるにつれ頭がこんがらがり、クルマの仕組みの本を片手にこういう本を読む、という有様でした。
も読み終えてから自分のクルマへの見方は替わり、さんざっぱら勉強になったし車への思い入れが深まりました。
願わくばトヨタ以外の系列メーカーのことも引っかかる…ですが、それは読者のわが儘な要望か。
四年間の連載を元にした本とのことだったが、連載がすすむによって伝わる人間模様もまた楽しめました。
いま、カーグラフィックでは新クルマはかくしてできあがるが連載されてますが、続編が楽しみ!内容もさることながら、著者の車に関する意気込みという、それを読者に見落としなく伝えようとする気迫を感じる一冊、だ。 車好きならしっかり探るべし!考え方変わること間違いありません。ミニバン 人気